>> メルマガ登録はこちら
TEL 03-6434-1315 お問合せはこちら
  • ICCについて
  • セミナーのお知らせ
  • 来社相談
  • メール相談
  • 資料請求
ICC国際交流委員会

国で選ぶ

オーストラリア・ニュージーランド・カナダの魅力

留学先となるオーストラリア・カナダ・ニュージーランドはどのような国なのでしょうか?各国、共通して言える魅力とは「都市生活と大自然の共存」です。こうした環境で生活することそのものが、日本では経験しがたい貴重な体験です。
オーストラリアは、日本の約22倍もあるという広大な国土をもち、多彩な文化を形成しています。また、カナダは「世界一住みやすいランキング」で、バンクーバー等が上位に挙げられており、世界的に高い評価を受けている国の一つです。そして、ニュージーランドは緑豊かな自然にあふれ、フレンドリーな人が多い親日的な国でもあります。
このような魅力に溢れる各国の主要都市についてご紹介いたします。

充実の教育環境

どの国の場合も学校の休み期間を
除けば、期間や出発時期は選べます。

留学生のサポート体制

各国とも各学期のスタートに合わせて
出発が可能です。

治安の良さ

国や出発時の学年(年齢)によって
ベストなタイミングは異なります。



ICC オススメ 国別留学派遣先

オーストラリア

大自然の中でおおらかに生きる多文化主義の国 オーストラリア

日本の約22倍もあるという雄大な国土を持つオーストラリア。 イギリスの植民地だったこの国には、イギリス、アイルランドのほか、アジア諸国や太平洋諸島などから移住してきた人々と、先住民のアボリジニなど様々な民族が共存し、多彩な文化を形成しています。日本との時差が少なく、ティーンエイジャーの留学に最適。


ICC がオススメするオーストラリアの留学派遣先


世界一住みやすい街 メルボルン ( ビクトリア州 )

DATA

シドニーに次ぐオーストラリア第2の都市メルボルンは、ビクトリア州の州都。オーストラリアの中でも、最も洗練された街並みが自慢で、「世界の住みやすい都市(イギリス経済誌Economist)」で上位ランキングの常連です。
留学生の受け入れ経験が豊富な学校が多く、安心して学べるのが魅力のエリアです。

都市部だけではなく、郊外にも留学可能な学校が多数。「都会から離れたくないけれど、自然環境を身近に感じたい」という学生向き

治安に優れた首都特別地域 キャンベラ

DATA
  • 人口:
    35万8,222人(2011年)
  • 面積:
    - k㎡
  • 日本との時差:
    +1時間
    (サマータイム時は+2時間)
  • この都市にあるICC提携大学:

ニューサウス・ウェールズ州内にありシドニー、メルボルンから車で約3時間のところに位置する首都キャンベラは、「首都特別地域」という独立した行政区域で、どの州にも属していません。オーストラリアの中でも特に治安がよいことでも有名。典型的な計画都市であり、行政・外交の中心です。
日本人の学生が比較的少なく、選択科目が多いのが魅力の留学先です。

「娯楽は少なくても勉強に身を入れたい」という人向き。自主性を活かせる自立心旺盛な学生にも適しています。

美しさと機能性を兼ね備えた街 ブリスベン(クイーンズランド州)

DATA

別名「サンシャイン・シティー」と呼ばれるクイーンズランド州の州都ブリスベンは、シドニー、メルボルンに次ぐオーストラリア第3の都市。市内はブリスベン川沿いに街が広がっており、近代的なビルの中に、ゴシック風やコロニアル風の建物が数多く残っています。
学生ケアが抜群な質の高いアカデミックな私立校が揃っています。

手厚いサポートのある私立校やボーディングスクールを希望する学生、アカデミックレベルの高い環境を希望する学生向き。

太陽の光が降り注ぐ街 ゴールドコースト(クイーンズランド州)

DATA
  • 人口:
    59万1,473人(2010年)
  • 面積:
    1,371k㎡
  • 日本との時差:
    +1時間
    (サマータイム時は+2時間)
  • この都市にあるICC提携大学:

年間の晴天率が300日以上というゴールドコーストは、サーフィンを始めとするさまざまなマリンスポーツが楽しめます。年間を通じて、Tシャツやカーディガンといった軽装で快適に過ごせる天候が魅力のリゾート地です。

恵まれた環境の中で、のびのびと、でもしっかりと学業に打ち込みたい、という学生向き。良質の私立校が揃っています。水泳を本格的にやりたい人にも適しています。

壮大な自然が魅力 パース(西オーストラリア州)

DATA

パースは西オーストラリア州の州都。オーストラリア大陸の3分の1(日本の7倍の面積)を占める西オーストラリア州は、オーストラリアの西の玄関口であり、州内観光の拠点です。東海岸に比べて、日本人が少ないのも特徴。

日本人の数がさほど多くない地方都市で、積極的に学びたいという学生向き。芸術系に力を入れている学校も多い。




資料請求・無料留学相談のお申込、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

TEL:03-6434-1315
資料請求 メール相談

Copyright © 2014 ICC. ll rights reserved.