留学とインターンシップのICC国際交流委員会
高校留学をサポートするICC国際交流委員会
ICC高校留学プログラムとは?

ICC高校留学プログラムとは?

留学サポートの内容

進学サポート体制

高校留学を決定する上で、卒業後の進路がどの様な物になるのかはとても重要なポイントです。現地で高校を卒業した後、日本の大学に進学することはできるのか、帰国生枠入試の動向はどうすれば知ることができるか、海外で進学するにはどのような条件があるか……。そうした点について納得できる情報がないかぎり、安心して高校留学を決めることはできないでしょうし、また進路の希望がかなえられてこそ、留学が成功したといえるのではないでしょうか。ICCでは進路専任のアドバイザーを置き、国内外で年間を通じたサポートを行っています。


学生向け進路サポート
高校留学している学生にとって、いつ頃から進路を考えるべきなのか?日本への受験はどのように準備すべきなのか?はたまた海外の大学は?
高校を海外で過ごしたことで、選択肢が多岐にわたり、また自分の興味の幅も広がっているため進路を絞り込むことも決して簡単ではありません。また日本の受験と違い、海外の高校では偏差値を測る模擬試験も無いため、自分の実力を日本式に換算してとらえることが難しくなってきます。こうした状況を踏まえ、ICCでは下記のサポートを学生に提供しています。

−学力を的確に把握するための一斉学力テスト
−希望進路別ガイダンス
−OB/OGによる進学体験談
−個別面談、入試模擬面接、入試願書等の添削指導 など


現地オフィスでの進学相談

年末に行われる進路ガイダンスの様子

保護者向け進路サポート
海外の高校を卒業した後の進路がどのようになるのか、未経験のことに情報が不足しているのは保護者も同じこと。とはいえ、学生からの相談やアドバイスをするにあたって、保護者もきちんとした情報を理解しておくことが必要となります。そのため、ICCでは保護者の方を対象とした進路に関するガイダンスなど、年間を通じて実施しています。


進路別保護者向けガイダンスも行われる

進路別相談サポート
定期的なガイダンスや保護者会とは異なり、学生あるいは保護者が自分の進路や専攻、進学先の情報について個別に相談できる「相談窓口」を設置しています。
ICCの学生、保護者はメールや電話、ファックス等で相談をすることができます。
こうしたサポートに対応するため、ICC東京本部に進路専門の対策室と専任アドバイザーを置き、帰国進学、現地(オセアニア)進学、英語圏諸国への進学、及び1年留学後の復学に備え、それぞれに応じたサポートを強化しています。





オーストラリア高校留学・ニュージーランド高校留学のご相談はICC国際交流委員会へ。
ICCオフィス:東京本部 | 横浜 | 名古屋 | 京都 | 大阪 | 福岡 | オーストラリア | ニュージーランド | シアトル | ロンドン
ご利用について ICCについて Copyright サイトマップ 資料請求 メールで相談 個人情報保護方針 個人情報の取り扱いについて