ICC高校留学 ホーム > 高校留学ガイド > オーストラリア留学

オーストラリア留学

都市から選ぶオーストラリア高校留学

照りつける太陽、どこまでも続く地平線。雄大で活力にあふれ、すべてを包み込んでくれるような温かさを感じさせてくれるオーストラリア。ボーダーレス時代の日本の高校生にとって、まさにぴったりの留学先です。





ICC留学派遣先

ブリスベン

キャンベラ

メルボルン

パース

オーストラリア地図

オーストラリアの教育制度

州独自の教育制度とひと味違う義務教育

オーストラリアは6つの州と2つの特別区によって成り立つ連邦国家。地方自治が確立されており、大学を除く教育機関は各州政府が担当しています。オーストラリアの教育制度全体がイギリスの伝統を受け継いでいますが、各州によってそれぞれの独自性がみられます。 どの州も、日本の小・中・高と進む6・3・3制とは異なり、YEAR1(1年生)からYEAR12(12年生)までの学年制になっています。YEAR1の前にプレップイヤーを1年設ける州が多く、実際はYEAR12まで13年間となります。義務教育は15歳までとする州、13歳までとする州などさまざま。初等・中等(中・高含む)と教育期間が区切られていますが、何歳で区切るかも州によって若干違います。

オーストラリアでは、義務教育を終えただけでも社会に適応できる力がある程度つくので、この時点で就職したり、専門学校に通い始める人もいます。しかし大半の生徒は、日本の高校にあたるシニア・セカンダリーに進学するのが実情。シニアの2年間(YEAR 11〜12)は、大学に進学するための準備期間として位置付けられています。

オーストラリアの高校

中・高一貫制度を採用しているオーストラリアでは、日本のように中学・高校の区別はありません。前述のようにオーストラリアの中等教育(セカンダリー・スクール)は、前期のジュニア(YEAR7〜10)と後期のシニア(YEAR 11〜12)の2段階に分かれています。義務教育を終えるジュニア最終学年のYEAR 10修了時に、義務教育修了書が与えられます。

シニアは大学入学の準備期間として位置づけられています。したがってオーストラリアの高校では、大学受験を中心とした勉強を進めていく態勢を最初から整えてスタートします。

YEAR 11の時点で、各学校にいるキャリア・アドバイザー(進路担当の先生)と相談しながら、志望大学の志望学部に入るために必要な科目を選択。日本の大学1〜2年次の一般教養課程の一部もカリキュラムに含まれています。オーストラリアの大学は専門教育で構成され、ほとんどの学部が3年間で修了するのもこのためです。

大学には入学試験はなく、在校時の成績と、YEAR 12の終わり頃に実施される各州の統一試験によって、高等教育入学資格を取得するシステムになっています。

オーストラリアの高校は、公立が8割以上を占めています。公立は州政府の管轄下にあり、すべて無宗教。多数が、生徒の個性と自主性を尊重したリベラルな校風を特徴としています。私立は、ほとんどがカトリックやアングリカンなどの宗教団体によって運営されています。私立には、男子校、女子校(男女共学もある)があり、全寮制の学校もあります。私立も公立も制服があるところが多数を占めます。

資料請求 オフィスで相談 スカイプで相談 メール相談