>> メルマガ登録はこちら
TEL 03-6434-1315 お問合せはこちら
  • ICCについて
  • セミナーのお知らせ
  • 来社相談
  • メール相談
  • 資料請求
ICC国際交流委員会

ICC の適正診断について

ICCのプログラムを利用して留学をされるすべての学生さんに適性判断テストを受けて頂いています。
このテストを通して、現時点での英語力や学力の確認、どうして留学したいのか?を明確にし、出発までにどういった準備をする必要があるのか、個々の状況に合わせて詳しくカウンセリングします。

適性判断の内容(所要時間:3時間程度)

  1. 中学修了レベルの学力テスト(英/数/社/理)
  2. 日本語による作文
  3. 日本語による面接

→テスト準備は不要です。点数で合否を決めるテストではありません。あくまでも留学の適性を図るためのものです。このテストの結果から、今まで気づかなかった自分の弱点(学力だけでなく、適応力も含む)をしっかり見極めることができる場合もあります。
深く考えずに、気軽に受けてみることをお勧めしています。

留学に必要な英語力

IICCでは、日本の中学、高校で英語を学んだ学生さんの一般的な英語力を基準に、その学生さんにあった留学先をご紹介しています。

英語が得意に越したことはありませんが、留学前に英語が話せる必要はありません。
日本の学校で、平均的な成績(例:5 段階評価の3 程度)を取れていれば、留学先学校の選択肢にほとんど制限はありません。

英語が話せないのに、高校の授業についていけるの?

ICC でご紹介する学校やエリアでは、必ず「留学生向けの英語クラス」があります。英語が話せない学生さんは、このクラスで集中的に英語を学ぶことによって、留学開始後に急激に英語力を身につけていくことになります。


  • 一部留学先には、英検やTOEFL、IELTS などの英語資格試験が入学の際に有利になる場合があります。

英検:日本の中高生に最も一般的で馴染みのある英語資格試験です。オーストラリア・クイーンズランド州/ビクトリア州では、下記の資格を持っていることで、留学生向け英語クラス(ESL / EAL)を介さずに直接高校の本科コースへ入学することが可能です。

  • 英検3級  →  9年生(中学3年)
  • 英検準2級 → 10年生(高校1年)
  • 英検2級  → 11年生(高校2年)


資料請求・無料留学相談のお申込、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

TEL:03-6434-1315
資料請求 メール相談

Copyright © 2014 ICC. ll rights reserved.